Q.住宅ローンを完済しましたが、誰に頼めばいいかわかりません…

A.

「登記申請は原則本人申請!(法務省の見解?)」と言いながら、実は大半の登記申請に司法書士が関与しています(と思います、多分)。

で、登記が必要になった時に、自分で申請する方は別にして、どの司法書士に頼むか…ということになるわけですが、これが意外と縛りがあるというか、例えば住宅ローンの借換の時なんかは通常融資銀行の指定の司法書士になることが多いでしょうし、新築マンションを購入するときなんかも、まず専属の司法書士がいます。

これは知り合いの司法書士から聞いた話なのですが、その司法書士が新築マンションを購入したとき、「登記は自分でやりたい。」と言ったところ、売主の不動産業者から「絶対、当社指定の司法書士じゃなきゃダメ!それは売買契約書にも書いている。」と言われてしまったそうです。(ちなみにうちのO司法書士も自分でできなかった…。)
せっかく司法書士の資格を持っているのに自分の不動産を買う時に自分で手続きできないなんて、ちょっと寂しい…。

話がテーマから逸れてごめんなさい。
そういう訳で、自分で選ぶ場合というと、いきおい抵当権抹消登記とか相続登記とかってことになるんでしょうね。

このコメントを見て下さっている方は、いろんな司法書士事務所のHPをご覧になっていると思いますので、比較検討しやすいと思うのですが、それでも心配という方は、各地の司法書士会に電話して、近くの司法書士2、3人を紹介してもらうのが安心だと思います。神奈川県司法書士会では親切に教えてくれます。

ところで、司法書士の報酬は自由化されており、この登記でいくら、ということは言えません。なので、もし費用について不明な点があったら遠慮なくその司法書士に聞いてください。誠実に業務を行っている司法書士は、きちんと教えてくれるはずです。

2016年11月01日