Q.税務申告のため謄本が必要ですが、どうやったら取れるの?

A.

ときどき一般のお客様から「謄本を取って下さい。」というご依頼があります。(謄本といっても、もちろん戸籍謄本ではなく登記簿謄本のことですよ。)

実際には、登記簿をコンピューター化している法務局がほとんどですので、登記簿謄本という言い方は正しくないのですが、私たちのギョーカイでは相変わらず“謄本とーほん”と呼んでいます。

それはさておき、謄本が欲しいときはどうしたらいいのでしょうか?
                                



法務局の認証印(正式な文書である旨の証明)あるものが必要な場合は、原則として法務局に行かないと取れません。(郵便とかで取得もできますが、結構面倒です。)

もし、登記内容さえわかればいいという場合には、インターネットを通じて登記情報を取得することが可能です。検索エンジンで『インターネット登記情報提供サービス』と入れてクリックしてください。そこから指示に従って進んでいくと、登記情報が取得できます。

一般のお客様が一時的に利用する場合の方法もあり、事前申込不要で取れるようになっています。
わりと簡単です。
(ちなみ私はこのサービスを行っている財団法人民事法務協会の回し者ではありません!?)

ということで、司法書士に頼んで謄本を取ってもらうことも可能ですが、思ったより簡単に取得できますので、是非ご自分で取得なさってみてはいかがでしょうか?
その際に、住所の番号がそのまま地番ではない地域もありますので、番号を入力する時にはご注意を…。

(別項で「住所」と「地番」の違いをご説明します。)

2016年11月01日